廃墟を探せ!(ラウンドワン高槻店篇)

画像
ここ最近の関西のQMA設置店の動きを見てみると、結構大阪府内において新規に入荷されているところが増えているような気がします。特にラウンドワン系列は最近になって店自体がオープンしたようなところが多く、今日行った高槻もその1つになります。ということで、早速?行ってきました。

ラウンドワン系列って色んなゲームが置いてあることは置いてあるんだけど、関西のQMAに関しては廃墟と化しているお店が多いような気がします。まだ駅前のお店とかなら(梅田等)そこそこ混雑していたりするのですが、郊外店(京都だと伏見のようなところ)だと本当に廃墟。サテ数は何故か多い所が多く、最近は値段も下げている(まあ、初回100円になっただけですが)ので結構穴場と化していると思います。

ここで唐突に1年程前のQMA2のリリースの時を思い出してみます。たしか11月17日だったと思いますが一部店舗で先行稼動ということで、仕事が終わった後速攻で先行入荷が決定していたアチョーへ行きました。超満員で1回しかプレイできず。次の日は朝から純情モンテカルロで遊んでいたのですが、対戦相手だったかセンモニで見たのかは忘れましたけど、「ラウンドワン河原町店」とか「ラウンドワン梅田店」のプレーヤーがいるんですよ!で、早速ラウンドワン梅田へ確認しにいったらあるんですよ。ただ情報が無かったお店だからなのかプレイ料金が高かったからなのか、8サテなのにガラガラでした。でも、この時はラウンドワンも新作入荷早いんだなと思った次第で。

このことから導き出される結論は、ラウンドワンQMA3も入荷早いんじゃねーの?ということです。ただ値段はやっぱり高くなってそうですけど、それに目をつぶればスタートダッシュが可能じゃん!ということです。ただ、2の時は郊外店の入荷状況まで調べてないので高槻とか伏見は微妙な気がしますね。

高槻店なんですけど、8サテで100/100。照明暗めでしかもガラガラと素晴らしい環境です。ただ、音量が小さいのと駅から微妙に遠いのが難点。お店が面しているR170も結構交通量が多いので車でもちょっと行きにくい感じ。

ラウンドワンクオリティなのか相変わらずホスト率高め。おかげで?見たことも無い問題がワンサカ出て、白銀だらけの決勝で鬼問題が炸裂し(一応殆どのジャンルは星5つに鍛えてありますので)、結局スポーツのせいで2位に終わるという回もありました。全国大会とかはここでやらないほうが無難かも。石炭には厳しいな、こりゃ。

15:00~16:45ごろ
成績 :0-1-1-1#4-1-0(1-1-2)  +12  3363P ⇒ 3375P

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック